インフルエンザの流行前に予防接種を行うのが1番有効な予防法と言われています。ですが、任意の予防接種は費用もかかる為なるべく打たないと考えている方や、予防接種受けようと思っていてもまだ打たないでいる時期にインフルエンザにかかってしまった場合の治し方について説明したいと思います。まず大切なのは流行期に高熱が出た場合や、インフルエンザに罹患している人と接した後で発熱した場合等、インフルエンザを疑う症状が出たらすぐに医療機関を受診するようにしましょう。現在インフルエンザの治し方で有効とされている薬タミフルを処方される事が多いと思います。タミフルはウイルスの増殖を抑えてくれる働きがあるため、症状が出てからなるべく早く48時間以内に服用する事で症状を早く回復させる事ができます。

ですが、48時間を経過している場合既にウイルスの増殖が進んでいるため、タミフルを服用しても効果はないとされています。その為、インフルエンザが疑われる場合は早めに医療機関を受診して治療を受けるのが治し方でとても重要な事です。そして予防接種は受ける事で必ずインフルエンザに罹患しないというものではないですが、打たないでいるよりも受ける事でかかってしまった際に重症化するのを防いでくれる為、摂取するのがお薦めです。

特に抵抗力の弱い小さな子供や高齢者の方は摂取する事を推奨されており、高齢者の場合自治体等で助成がある所も多くあり費用も安く摂取する事ができる場合が多いので、費用の面で躊躇している方は一度医療機関等で確認してみると良いと思います。摂取してから免疫ができるのに2~3週間かかると言われているので、流行が始まる前に余裕を持って摂取するようにした方がいいでしょう。